2007年01月02日

あけ

おめです^^


さて全国大会ですが魔理沙3霊夢1で出てみました
負けはメイド長の紫4とケイゴ氏の咲夜1魔理沙3、つまり3-2
また弾幕結界相手に貫通引けなかった(´・ω・`)

レポ書こうと思ったらメモしたノートみつかんねーしなwww

まあいいか
2007年の俺にご期待下さい
posted by ちか at 16:27| Comment(34) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月27日

蒲田幻想物語3

恙無く終了。

へー「つつがなく」ってこういう字を書くのね。たまに文章書くと勉強になるわ

まぁそれだけなんだけどね(・д・)
なんかいろいろ書こうと思ったけどめんどくさくなってしまいましたというお話

じゃ、お疲れ様でした!
posted by ちか at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

たまってるんでしょう?

レポがね(´_ゝ`)

■10月シャアさん大会
魔理沙3霊夢1で参加です

1回戦 神嶋(紫4)
ぶちぬいたらぁッ!後手
死亡2ターン前までファイナルスパークが引けずアステロイドベルトで9点までは削るものの弾幕結界起動により終戦
疾風怒濤2枚目が引ければなぁ…

2回戦 Miu氏(紫1霊3)
げぇっ霊夢!後手
初手に燦然と輝くピンポイント×3。メテオ+疾風怒濤8点、メテオ6点

「メテオに調伏」

ぬわー
ふぁいなるすぱーくどこー(涙

3回戦 光星(レ3咲1)
後手。負け
身も蓋もない

4回戦 タチバナ氏(ア4)
はぁ。後手
メテオ引いた

5回戦 麦氏(ア3咲1)
はぁ。後手
ファイナル引いた

×××○○

アリスにしか勝てない魔理沙とかもうね

■11月 桐蔭の宴
夜勤からの帰宅中にメイド長から電話

「宴の大会行かね?」

じゃあ行くわと二つ返事。まさか片道2時間とはアイドントシンク
デッキは前回の教訓を生かして疾風怒濤2→3

1回戦 Nego氏(紫4)
ぶちぬいたらぁッ!後手
ん?この展開はどこかで…
以下俺が配置したスペル

アースライト×3
二重結界×3
ノンディレ

ないわ

2回戦 亜於威氏(妖夢)
後手でしたが魔力結晶から起動したドラゴンメテオが現世斬を高速移動で回避し二百由旬を決死しました

3回戦 ???(魔3咲1)
お名前失念しました後手
相手2ターン目に結晶→マスター。俺起動できるスペルなし
一発通して高速詠唱からファイナルしてみる。マスターに迎撃されて5点2点
相手高速詠唱マスター。俺迎撃スペルなし
勝てるわけもなく

4回戦 闇鍋氏(咲夜4)
先手。ついに連続後手記録が9で途切れてしまったな

(´;ω;)ぶわっ

試合の方は相手始めたばかりの方らしく動きがちぐはぐ。そして気がついたら相手の配置スペルが1枚多いΣ
呪力を数えてみるとどうやら2ターン前に2枚置いてる模様。まぁジャッジ

「次のターンスペル配置なしで」

まぁ妥当?俺的にはさらに呪力−2くらいしてほしかったですけれどもw
しかしそれで相手は夜霧が配置できず起動が1ターン遅れた事実
もうぐだぐだ

5回戦 打斬屋剣魂氏(幽々子4)
先手
「ドラゴンメテオ襲いかかる」という言葉は余りに有名。
全回避2が泣いた

×○×○○

なぜ紫に勝てんのだー!


_| ̄|○

_|\○_

___○_ ダル
posted by ちか at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月06日

全国予選始まりましたね

月曜の平日大会は時間の都合で出れないのでシャアさんのところの大会に賭けるしかないな
というわけで昨日はミントで久々にガッツリと幻想ノ宴。相手してくれたホントイに感謝

しかし正直デッキは煮詰まっている。あとは腕と運を磨くしかないわけだが

さてどうなるかね
posted by ちか at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月18日

蒲田幻想物語2

おつかれ!
相変わらずぐだぐだな進行でしたが参加してくださった皆さんありがとうございました
結果等は神嶋のブログを見てもらうとして以下雑感

・例のルール
先手1Tスペル起動禁止
別に殆ど変わらなかったという意見が多数派。しかしメタには大きく影響を与えたに違いない。具体的にはメイドと魔法使い

・咲夜たくさん
ルールの恩恵を受けたといわれる人。Lv4(単)が多かった
入賞者2名の他にも9点ラインにごろごろ。勝ちきれないリーダーの烙印は消せなかった

・魔理沙も多い
こちらはルールの影響がなかった人。にわかに増えた咲夜に食われて6〜9点ラインに落とされる
殆どがタッチ咲夜でタッチ霊夢は1人だけ。だが今日のメタは後者だった

・白玉楼
ルールの恩恵はあったがどうにも魔理沙が多すぎた。ぐんにょり

・巫女は3人
しかし単はおらず全員タッチ紫。うち2人は入賞と活躍
紫4が意外に少なかったのが勝因かと

・レミリアも少なかった?
俺の記憶では全然見なかった。入賞の2人と単が1人は確認

・全てアリスがやった
マリス砲かと思いきや魔理沙3アリス1が2人とか謎。アリスがらみはアーサクと責任転嫁だけでしたけども
結果はお察し

・その他
18 1
20 1
21 3
22 8
23 11
24 15
25 1
22.875

あーつかれた
今日のミントの大会は行けませんがみなさん頑張ってくださいねまる
posted by ちか at 13:02| Comment(0) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月15日

理解はした

わかりづらいよwww

個人的には今のままでかまわないんですが時代がそれを許さないのでせう。変えざるを得ないというのなら『先手の行動を制限せず後手の行動にひろがりをもたせる』べきだと考えます。出来ることを減らすのはゲームがつまらなくなる要因ではないかという懸念です
なので「先手1Tスペル起動なし」や「先手1T呪力なし」はこれに抵触しますので好みではありません
「後手1Tスペル2枚」は先手に制限をかけていないかわりに場に与える影響が大きすぎるのではないかと考えていました。すると「先手1T呪力−2&後手1Tドローなし」と同じであると説明され理解はしました。しかし先手後手両方に制限をかけるというのはそれこそまったく違うゲームになってしまうのではないでしょうか?
ところで「後手1ターン目呪力+1」という意見を殆ど聞かないのですが個人的にはこれが1番好みだったりします。後手1Tに魔力結晶からメテオ起動するのでよろしくないという意見があるようですが先手2Tには呪力3使えますし、後手2Tには呪力が1しかないのでそこまで問題だとは思えません
後手2T呪力4というのも、呪力1スペルを起動しつつパターン避けや悉皆彷徨を使えたりと先手に出来ない動きが出来て面白いゲームになると思います。レミ咲が命中4を決死してみたりもしますね
でもそれだと「先手スペル配置なし&後手ドローなし」と同じだからあなたの発言は矛盾していますよ。知りません

まぁ結論を出すには時期尚早だとは思います。人の意見など風が吹けば変わるものですので、俺自身これより優れた意見が出てくれば当然乗り換えます
この話題は今が旬ですのでいろいろ議論してみるがよろしかろう

おしまい
posted by ちか at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

チラシの裏

確かに先手が有利なのは認めるが、先手をとれる確率が5割である以上全てのプレイヤーは平等だと思うがね
どうなのそのへん?

オチはありません
posted by ちか at 03:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月08日

「一閃」は強い?

昨日は秋葉原で上天と打ってきました。離剣妖夢に妖夢単ぶつけてくる上天は本当に外道でした。俺の手札には離剣とピンポイントが腐る腐る。そのくせ相手からは「一閃」が飛んできて《天人の五衰》に貫通付与とかねー
はいはいメタ外メタ外

あとは紫4デッキを少し回しましたがようやく俺も「睡眠」強いかも!と思えてきました。3信7疑→半信半疑ぐらいには


さて妖夢いじるべ
posted by ちか at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月07日

先手の有利について

幻想うどんげの弥一郎さんのコメントにレスをつけようと試みましたが長すぎると拒否されました。削るのもだるいのでブログにコピペしま

弥一郎さんのコメントにある「先手1ターン目に起動した呪力1のスペルは呪力1のスペルがないと迎撃できない」は先手有利の一面ではあります。今回のルール改正はその部分をなくすためのものでしょう
しかし先手有利な点はそれだけではなく、「自ターン中、相手よりも呪力が多く発生している状態になる」という点が挙げられます
仮に先手が7ターン目だとした場合、後手はまだ6ターン目です。呪力にすると7点分の差がついていることになります。この差分の呪力を「対岸の誘い」や「式神強化」といったイベントカードにそそぎ込めばそのターンにゲームを終わら続せることができるかも知れません。対して後手は同様のカードを持っていたとしても呪力差の分だけ使える枚数が少なくなります。これは中盤でも先手側は相手の呪力が発生する前にパターン避けなどのイベントカードを相手の対抗カードが使えないことを確認した上で使用できる等のメリットにもつながります
あとは「お互いのリーダーがダウンするような戦闘の場合、攻撃側が勝利する」という点があります。仮に呪力21点を攻撃(迎撃)スペルにつぎこめば相手に致死量のダメージを与えられるとします。通常呪力が合計21発生するのは6ターン目です。つまり後手が6ターン目に起動した迎撃スペルが先手に致死量のダメージを与えるよりも先手が6ターン目に起動した攻撃スペルが後手に致死量のダメージを与える方が先になってしまいます。俺的には先手有利の一番大きいのはこの点だと思っています
自分でもかなり乱暴な例だとは思いますが先手のメリットはそれほど大きいものだと言うことが少しでも伝われば幸いです

よし終わり
posted by ちか at 12:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

遊べるけどそこまで強くないレベル

昨日組んだ妖夢デッキで光星と遊んできました

・レミリア3咲夜1 後手 ○
《迷津慈航斬》を起動すると《幼きデーモンロード》起動される。当然のようにピンポイントで打ち抜いた。どーん
デーモンロード連続回避失敗記録更新中の光星をよろしく!

・レミリア3咲夜1(2回目) 先手 ×
今度はスペルが少し弱くてもたついてたら《スカーレットデビル》と畏怖すべき存在でサンドバッグにされた。いいとこなし

・紫4 後手 ○
呪力8たまったところで即《迷津慈航斬》+楼観剣。神隠しから《弾幕結界》起動されるも殴ってお互い2点なら問題ないよね。楼観剣2枚目引き即設置。こちらは最後まで割られなかった
こうなると相手は《八雲紫の神隠し》で決死しようと動いてくるのだが離剣の見とピンポイントで無理矢理当てにいく。相手は回避のために迎撃2のスペルを呪力4で起動しているのでこちらは当てるために2コスト余計に払っても損はしない。手札使うけど
最後はこちらライフ9点、相手ライフ6点で待機が《迷津慈航斬》と《天人の五衰》(サポートは楼観剣のみ)の場面で《八雲紫の神隠し》が殴ってきたのでスルーして返しに最後の砦2枚投げつけて勝ち

・咲夜4 後手 ×
《夜霧の幻影殺人鬼》の壁は厚かった。あれはないわ

もう1回ぐらい打ったかも知れないけど覚えてないのぅ
咲夜戦(高回避+貫通)が全然駄目だったけど他は戦えます。嘘です

ヒント:巫女

《天人の五衰》+師の教えでも天賦or森羅結界で決死に持ち込まれるんだものなあとは魔理沙も苦手っぽいですよ。苦手多いな
メタの中心が紫で貫通が流行ってるのはマイナスファクター。妖夢不憫な奴よ

あ、アリス様は別ですよ?
posted by ちか at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。